Allium Cafe

Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

楽器演奏から演奏士、エオルゼア演奏会へ

291 views
約 6 分

えー、こちらではお久しぶりです。実にちょうどぴったり100日ぶりの更新でございます。

なんだか似たような記事が続いてしまい大変恐縮ではございます。(恐縮しているとは言ってない)

最近のけぱちゃんの14生活は昔ほど戦闘民族になることも無くなり、
色々な方とサーバーを超えて遊ばせてもらっております。

頑張りました。召喚で。

比較的早めの段階でレイドの攻略も無事に終了し、エウレカもかなり早期に「Pazuzu? Pazuzu?」状態になり、
しばらくFLでアリダイオスを乗り回す生活を送ってました。
いつも一緒に遊んでるアリダイオスフレンズ

フレンズ達とDD200階を目指したり、と比較的戦闘民族なエオライフを過ごしておりました。
ちなみにこのSSのあと無事186階で全滅しました。

マンドラちゃんかわいいよね

あらかた戦闘コンテンツは食い尽くし、以前から実装されていた楽器演奏でみんたか、時々ガル鯖のタタルさんとテキトーにぶらぶらリムサでこういう弾き方出来たぜ~とか、
こういうの弾けるようになったぜ~的な遊びをしていたところ、ある日突然タタルさんから、

「けぱちゃんとみんたかちゃん、ちょっと来て!」と呼ばれ、ついて行ってみたらなんと

 

ファーストインパクト、とんでもない衝撃に襲われました。

そこには色々なサーバーから演奏活動をされている皆様の姿が…

タタルさんから「けぱちゃんとみんたかをみんなにも紹介したいと思って…w」という粋な計らいにより、
この日初めて演奏活動をしている皆様と色々なお話をすることが出来ました。

 

色々なユーザーイベントに行ってるよ!とか、そういえばすぐ近くに◯◯っていうイベントやるよ!とか色々教えてもらい、

すぐ次の日にはエオコミュカフェや、

ララフェルばっかりでかわいい

100人以上!!!っていうか数百人レベル!?とかいう半端ない規模のゼロムス集会に遊びに行ったり、

演奏聴く垢と他を回る垢の2つ欲しい。

こういうロールプレイっていう遊び方、めっっっっちゃおもしろいんじゃね!?って思い、自分も演奏で楽しいことしよう!って色々やるようになりました。
演奏もみんなから色々教えてもらったり、弾き方のコツや和音の出し方のコツなんかを聴いたり聞いたりして学んで、何年も前に忘れてしまった、人前で演奏する楽しさっていう懐かしい感覚を思い出しました。

リムサで演奏してたらみんな聴いてくれて嬉しいです。

 

すっかり常連?となったエオコミュや、

初見さんはお洋服もらえるらしいです。

ガル鯖で演奏会があるよ!って聞いたら何時間も前から入場列に並び、本当に演奏会に聴きに来ているという「本当に体験している」レベルの経験をしたり、

この演奏会、本当に素敵でした。

すごかったって感想しか出てこない自分の語彙力が本当に憎い。

演奏者の二次会にもお声掛けいただけるようになったり、

ロッソさんいつもありがとう!

REDという定期イベントでは、いつもみんたかとふざけたコントみたいなことになっちゃうから、もう「みんけぱ」だの「けぱみん」だので周りも覚えてくださったり、(結構気に入ってる)

RED本当に楽しいwwww

ちょ~っと遊び疲れちゃったな?ってなったら、まったりな桜の音にごろごろしに行ったり、

かなりまったり落ち着ける空間でおすすめ

と、色々新しい方面のエオライフを過ごしていたところ、おいなりさんやたたるさん、みんたかから、
「けぱちゃんも出ないの?」こんなイベントを教えてもらい、それこそ本当に「自分の演奏でライブが出来るのだろうか」や、「そもそも披露できるレベルの曲なんて用意がなくないか自分」など、色々悩みに悩み、震える手で参加申請をしました。

申請直前までめっちゃ手が震えてました。

「ぼくも参加申請したよ~!」って言った時の、みんなの反応がすごい暖かくて嬉しかったです。

 

そこからはもう、本当に、現実世界で演奏会やコンクールに参加するときと同じように

演奏曲目の選定を念入りに行ったり、

特に最近の曲をやる場合は楽譜等は公式で用意はされていないので、何度も曲を聴き込み、あーでもないこーでもないと言いながら五線譜に殴り書きをしたり、

いざ曲目を決めてからは、実際に指を動かし反復練習、楽器演奏でも聴こえが悪くならないように細部に至るまで殴り書きの譜面を修正したり、一度FC個室で1人リハをしたりして、

「いや、この曲じゃライブにはならない…」等と考えながら本番3日前に自分のプログラムを変更してもらったりしてライブに挑みました。

 

ライブもまるで本物のライブのように、会場設営は月単位で前から念入りに組み込まれており、

LALASのスタッフ様もまるで本物のライブのように丁寧に細かいところまで配慮がなさられていたりして、

現実世界の演奏会、コンクール、ライブと同じような緊張感、初めてエオルゼア演奏会の関係者さまたちと顔合わせしたときの高揚感、

正直自分の語彙力じゃ文字に書き残せないです。

 

直前にプライマルズのライブを見に行ったこともあり、

緊張と高揚でものすごいことになってました。

 

 

リハでは一人一人スタンディングポイントの確認をしたり、入退場の打ち合わせや、照明合わせをし、

開場がされてからの、ステージ裏楽屋部分では、みんなで緊張をほぐしあい、今日は演奏を楽しむぞ、という意気込みで本番が始まりました。

 

はじめはものすごく緊張したのですが、

ステージにあがった瞬間の、「今は自分の時間」っていう雰囲気がとてもすごく、

「お客様全員が、自分の1音目、一言目を待っている」という瞬間、

演奏をやって一番気持ちいい、演奏し終わった後のあの空気、舞台裏に戻ったときに他の演奏者がハイタッチしてくれたり、

もちろん自分も他の人の演奏が終わったら拳を合わせにいったり、

 

 

本物の楽器を触っていた時期からもう数年が経ち、人前で演奏を、ライブをする、そのために準備する、そのために色々な方と密に打ち合わせをする、正直もう二度とこの感覚は味わえないんだろうな。とまで思っていたこの感覚を、また、味合わさせてくれました。

 

最高の景色でした。

 

 

本当に、もう二度と人前で楽器なんかやらないんだろうな、ライブや演奏会、コンクールで舞台に立つことなんてもう難しいんだろうな、演奏に向けて色々な方が同じ目標に向かって全力を出すなんてことは、もう二度と味わえないんだろうな。って思っていました。

この場を、この機会を作ってくれたLALASをはじめとする関係者さま、一緒にライブに参加した演奏者さま、ライブに出ない?と声をかけてくれたフレさま、ライブを楽しみにして駆けつけてくれたお客さま、いつもくだらない話にも付き合ってくれるGarudaをはじめとする演奏者LSのみなさま、素敵なGarudaの演奏集会所ロッソガーデンのロッソさん達、本当にありがとうございました。

 

そして、一番最初に自分の世界を広げてくれた、タタルさん、本当にありがとうございました。

 

これからも、色々なライブやイベント、色々な場に参加してみようと思います。
こんなイベントあるよ!とか、色々また教えてください。

 

これからもよろしくおねがいします。

 

 

またライブに参加したいな!

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)